トップページ日設連青年部会 > 青年部会規程

青年部会規程

一般社団法人日本冷凍空調設備工業連合会青年部会規程

名称

第1条 本部会は、一般社団法人日本冷凍空調設備工業連合会青年部会と称する。(以下、本部会という)

目的

第2条 本部会は、一般社団法人日本冷凍空調設備工業連合会(以下、日設連という)の事業活動に協力するとともに全国の青年経営者との情報交換・相互交流を深め、また、業界の将来に明るい展望を描き、業界を担う青年経営者の知恵を集めて、もって、業界の発展に寄与することを目的とする。

事務所

第3条 本部会の事務所は、日設連事務局内に置く。

事業

第4条 第2条の目的を達成するために以下の事業を実施する。

  1. (1)日設連の事業活動に協力。
  2. (2)若手経営者等、次世代を担う会員相互の経営及び技術の向上。
  3. (3)情報交換を図る全国的・横断的な組織の構築。
  4. (4)青年部会未組織の日設連正会員(以下、構成団体という)への組織化支援。
  5. (5)業界の中長期的な方向性の検討。
  6. (6)その他、目的を達成するための事業。

会員

第5条 本部会の会員は、正会員と準会員とする。
2 正会員は、構成団体内に組織する青年部会またはこれに準ずる組織とする。
3 準会員は、前項に規定する組織がない構成団体とする。

入会

第6条 本部会の会員になろうとする者は、別に定める入会申込書を部会長に提出しなければならない。

役員

第7条 本部会に、次の役員を置く。
(1)理事10人以上15人以下
(2)監事1人又は2人
2 理事のうち、1人を部会長、1人以上3人以内を副部会長とする。

選任

第8条 理事及び監事の選任は、総会において会員から推薦を受けた者のうちから選任する。
2 部会長及び副部会長は、理事会において理事の互選により定める。

任期

第9条 役員の任期は2年とする。ただし、再任は妨げない。

顧問・相談役

第10条 本部会には、顧問及び相談役を置くことができる。

会議

第11条 本部会の会議は、総会及び理事会とする。

構成

第12条 総会は、会員から推薦を受けた者をもって構成する。
2 理事会は、理事及び監事をもって構成する。

定足数・議決

第13条 総会及び理事会は、構成員の過半数の出席をもって成立し、出席者の過半数をもって議決する。
2 構成員は、あらかじめ示された議案について、書面または代理人をもって表決することができる。

委員会

第14条 本部会は、事業の円滑な遂行を図るため、理事会の承認を得て、委員会を設けることができる。
2 委員長は、部会長が選任する。委員は、委員長が選任する。

費用

第15条 本部会の運営・活動費用は、日設連の理事会の承認を得て、日設連の会計より支出する。

事業年度

第16条 本部会の事業年度は、毎年4月1日から翌年3月31日とする。

事業計画及び収支予算

第17条 本部会が事業活動を行うにあたり、毎事業年度開始前に事業計画書及び収支予算書を作成し、総会の議決を得て、日設連の理事会の承認を受けるものとする。

事業報告及び収支決算報告

第18条 本部会は、毎事業年度終了後、事業報告書及び収支決算書を作成し、総会並びに日設連理事会に報告する。

規程の改定

第19条 本規程の改定は、理事会の議決を得た後、日設連の理事会の承認を得て行う。

部会の存廃

第20条 本部会の存廃は、日設連の理事会の承認を得て、これを行う。

第21条 本規程に定めのない事項は、日設連の理事会の承認を得て、部会長が定める。

附則

1. 本規程は、平成20年4月1日より施行する。